NEWS

2017.05.09
歩くための機能服 = 究極の街着。『alk phenix』で日常生活をよりかっこよく、より快適に。

01

ゴールデンウィークも明け、春夏シーズンもいよいよ本番。店頭にはオリジナルレーベルの商品だけでなく、セレクトアイテムも続々到着しています。
そんななかでも今回は、近年熱視線を集めている『alk phenix(アルクフェニックス)』のウェアをご紹介したいと思います。

スキーウェアなどで知られる日本のスポーツブランド『PHENIX』のファッションレーベルとして、「歩くための機能服」をテーマに掲げスタートしたalk phenix。
『TEÄTORA』を手がける上出大輔氏がディレクターを務め、アウトドア×ファッションの第一人者であるスタイリスト・岡部文彦氏も商品企画に参画という、まさに機能服のスペシャリストたちが創り上げる新感覚のコレクションは、スタートからまだわずか数シーズンにも関わらず、幅広い支持を獲得しています。

そんなalk phenixの2017年春夏コレクションからまずピックアップしたのは、「zak coat」「zak shorts」という名のとおり、ザックのような大容量ポケットが印象的なジャケットとショートパンツ。
コットンのような風合いのナイロンストレッチ素材で、動きやすさは折り紙付き。しかも撥水性まで備えているため、これから訪れる梅雨時にも大活躍してくれることでしょう。
そしてセットアップで着用すれば、バッグを持たずにちょっとした遠出ができるほどの収納力を手に入れることができます。
着るだけで日常がちょっと楽しくなる、alk phenixらしさ溢れるプロダクト。ぜひ店頭でお試しください。

alk phenix
zak coat 49,000円 + 税
zak shorts 28,000円 + 税

02

続いてご紹介するのは、なんと4方向へストレッチするという驚愕の運動性を備えたハイテクスウェット。
二重構造のポケットやベンチレーション、再帰反射のロゴなど、細かいディテールにも機能性と遊び心が盛り込まれています。
快適すぎるほど快適なのにかっこいいという、まさに究極のスウェットと呼ぶに相応しい逸品。ぜひセットアップでご検討を。

alk phenix
convex parka 28,000円 + 税
crank rib pants 24,000円 + 税

alk phenixの商品は、自由が丘本店や新宿ルミネ店など、実店舗の店頭でご覧いただけます。
▶ ショップ一覧を見る

ACROSS THE VINTAGE