NEWS

2017.07.12
縫い目は一切ナシ。一枚革を折りたたんで整形する「所作」のレザーグッズが大人気です。

01

今回も前回の「YAHKI(ヤーキ)」と同じく、今季より取り扱うことになったブランドをご紹介します。
その名も「所作(しょさ)」。革製品専門のテーラー、No,No,Yes!発のブランドで、結婚式のご祝儀などを包む布・袱紗(ふくさ)をモチーフに、伝統的な礼法として伝わる折形(おりがた)のディテールを盛り込んだ、一枚革を縫わずに仕上げる革小物で人気を集めています。

今季私たちがピックアップしたのは、定番のロングウォレットとコンパクトなカードケース。
なんといっても、外見のシンプルさと、開いたときのオリエンタルな雰囲気のマッチングが最大の魅力ですが、一瞬触れただけで実感できる、あきらかに高品質な日本製レザーの質感にも注目いただきたいところです。
また、縫い目のない仕上げはデザイン面でのおもしろさだけでなく、ステッチが破れてしまって財布ごと崩壊…なんて悲劇を避けられるという構造的メリットも。
使い込んだあとの表情も楽しみな、今季イチオシの革小物です。

02

カーフレザーのロングウォレット。ブラックやブラウンの定番カラーはもちろん、発色の良いレッドやキャメルもおすすめです。

各20,000円 + 税
▶ 商品の詳細を見る

03

ロングウォレットと同じ素材で作られたカードケース。ロングウォレットとお揃いでぜひ。

各8,000円 + 税
▶ 商品の詳細を見る

04

こちらは内側に金箔・銀箔を貼った、ゴージャスなシリーズ。
経年変化で渋い味わいになってきた頃、本領を発揮します。

カードケース – 9,000円 + 税
▶ 商品の詳細を見る

ロングウォレット – 22,000円 + 税
▶ 商品の詳細を見る

05

最後は、水彩画の「にじみ」「かすれ」「濃淡」を革で表現した、バッファロー・スモークと呼ばれるシリーズ。
侘び寂びを感じさせる、所作らしい素材使いです。

カードケース – 9,000円 + 税
※実店舗先行販売中、オンラインストアは近日発売予定

ロングウォレット – 22,000円 + 税
▶ 商品の詳細を見る

ACROSS THE VINTAGE